ブログ > 2022 > July

ADAをステーキングする方法

Cardanoブロックチェーンの検証をサポートして、ADAの報酬を獲得

2022年 7月 28日 Ivan Irakoze <1 分で読めます

ステーキングと委任に関する詳細は、「ステーキングはCardanoの根幹」をご覧ください。

ステーキングはCardanoの根幹

ステーキング委任はブロックチェーンの継続的成長を支え、ADA保有者は参加することで報酬を獲得

2022年 7月 28日 Anthony Quinn 12 分で読めます

ステーキングはCardanoの根幹

Cardanoステークプールは毎月増加しており、現在アクティブなプールは合計で3000を超えています。2021年が開けた時点では、その数はおよそ2,000でした。さらに、120万のウォレットアドレスからADAがステーキングされています。この過程で、委任レベルは流通している全ADAの74%近くにまで増加しました。これはかなりの実績ですが、それでもまだ全ADAの4分の1がステーキングされていないことになります。これは問題でしょうか。

簡単に答えるなら、問題です。それは2つの理由からになります。第1に、ステーキングにはネットワークを安全に保つ働きがあります。より多くのADAがステーキングされればその効果は強まります。第2に、個人のレベルでは、自分のコインを委任していないADA…

Cardanoのスケーラビリティを支える研究の分析

IOG研究の詳細4 -レイヤー1とレイヤー2のソリューションがスピードと回復性を増したブロックチェーンを生み出す仕組みとは

2022年 7月 19日 Olga Hryniuk 12 分で読めます

Cardanoのスケーラビリティを支える研究の分析

以前のブログでは、Cardanoの多機能台帳による表現力豊かなスマートコントラクトネイティブ資産のサポートを可能にする基礎研究を掘り下げました。

Basho開発期の一環として、Cardanoは、スケーラビリティと相互運用性を高めるためのアップグレードと最適化を着実に進めています。ブログ記事「2022年Cardanoをスケーリングする方法」では、Cardanoのスケーラビリティの目標を考察するとともに、相互運用性とサイドチェーンの役割についても議論しました。本稿では、これらの漸次的強化を可能にする研究に注目します。

Cardanoのスケーリング

スケーラビリティはブロックチェーンネットワークが拡大するユーザーベースをサポートするため、また、スループットを犠牲にすることなく成長するために不可欠です。

ブリッジとサイドチェーン:WanchainがCardanoを相互運用可能に

Weijia Zhang博士とTemujin Louie氏によるゲストブログ

2022年 7月 8日 Dr. Weijia Zhang 17 分で読めます

ブリッジとサイドチェーン:WanchainがCardanoを相互運用可能に

数か月前、Wanchainのチームは、Cardanoメインネット、Cardanoサイドチェーン、その他異種のブロックチェーンネットワークとの相互運用性を可能にする方法を話し合うべくInput Output Global, Inc.(IOG)へ打診しました。

その最終目的は、Cardanoエコシステムと、Wanchainのネットワークに囚われないブロックチェーンの相互運用性ソリューションの普及を促進させ、Web3の未来をサポートするために、さまざまなブロックチェーンで機能する真のRealFi(リアルファイ)アプリケーションに必要なインフラを構築することです。  

これが複数のチームからのインプット(およびアウトプット)を必要とする重要なタスクであることは、すぐに明らかとなりました。確かに、Cardano…

研究概要パート3:トークン、ステーブルコイン、手数料

IOGの研究により、の実装をマルチ資産のサポート、ステーブルコインの実装、そして手ごろな手数料がCardanoで実現

2022年 7月 7日 Olga Hryniuk 8 分で読めます

研究概要パート3:トークン、ステーブルコイン、手数料

以前の記事では、Cardanoの革新的なEUTXOモデルと、これがいかに表現力の有るスマートコントラクトをCardanoで実現するかについて説明しました。今回は、マルチ資産サポートとさまざまなユーザー定義のトークンを可能にする研究に注目し、Babelフィーのメリットについて紹介します。

マルチ資産サポート

イーサリアムはさまざまなユーザー定義の資産(トークン)を作成する機能を提供することで知られています。しかし、イーサリアムのトークン標準は台帳で直接サポートされておらず、カスタムコードが繰り返し必要とされます。これにより、トークンコードはシステム自体の一部となる代わりに複製され、適用されることから、複雑性が増し、余計なコストがかかり、非効率になります。ここに人的エラーを招く隙が生まれ、金銭的損失につながる可能性のあるバグを生み出すことにもなりかねません。

IOGの研究者による研究論文「UTXOma: UTXO with Multi-Asset Support(UTXOma:マルチ資産サポートを備えたUTXO)は、ISoLA 2020で発表されました。この論文は、ミントポリシー

1

2