ブログ > 2022

デジタル資産規制の未来 - Charles Hoskinsonの証言

2022年6月23日、IOGのCharles Hoskinson CEOは米国下院の商品取引、エネルギー、信用に関する小委員会で証言の提供と質疑応答を求められました。以下は、その証言の写しです

2022年 6月 23日 Charles Hoskinson 16 分で読めます

デジタル資産規制の未来 - Charles Hoskinsonの証言

米国下院、商品取引、エネルギー、信用に関する小委員会におけるヒアリング

2022年6月23日

I. 導入

Maloney委員長、Fishbach幹部メンバー、小委員会メンバー各位、および著名なゲストの皆様、このヒアリングに証人としてお招きいただきありがとうございます。Charles Hoskinsonです。私は心から本小委員会の働きを称賛しており、ブロックチェーン業界のためにフォーラムを提供する時間を割いていただいていることに感謝しています。将来のデジタル資産規制に関して、十分な情報をもって、しっかりと議論するために、必要な情報を提供したいと思います。

II. Input Output Globalの背景

私は、イーサリアムブロックチェーンとCardano…

Overview of the research enabling smart contract support on Cardano

Taking a closer look at Cardano’s research, part 2. Here’s more on Cardano’s innovative EUTXO model and how it facilitates more efficient smart contracts

2022年 6月 23日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

Overview of the research enabling smart contract support on Cardano

Our previous blog post discussed the research underpinning some of the core elements of Cardano, including staking, delegation, and reward sharing. This time, we outline the papers that helped establish a functional smart contract platform for decentralized application (DApp) development – enabled by the Extended Unspent Transaction Output (EUTXO) accounting model.

UTXO vs…

Vasilアップグレード - 現状報告

間近と言えどもまだもう少し。Vasilアップグレードの進捗状況をお知らせします

2022年 6月 20日 Nigel Hemsley 5 分で読めます

Vasilアップグレード - 現状報告

先般、Input Output Global(IOG)でVasil(バシル)アップグレードに取り組むコアチームは定例の週末評価会議を開きました。6月20日月曜、次回エポック境界前にCardanoテストネットのアップグレードを実行できる最終日であるこの日、エンジニアたちが週末に行った作業を考慮して午後に最新ステータスを再評価することが決定されました。

IOGのエンジニアリングチームは核となる作業をもう間もなく完了するところまで来ています。ハードフォークの作業を完了するためにわずか7つのバグの対処を残すのみで、そのどれもが現在「深刻」には分類されていません。熟考のもとに、テストのための時間をより多く確保するために、この日のテストネットへのハードフォーク更新提案は取りやめとなりました。

現時点までに、Plutus V2テストスクリプトの大多数(およそ9…

Cardanoの基盤となる研究概要

Cardanoを支える研究の詳細を紹介するブログシリーズ第一弾

2022年 6月 10日 Olga Hryniuk 9 分で読めます

Cardanoの基盤となる研究概要

2015年に開始されて以来、Cardanoプロジェクトには「暗号資産の設計および開発方法を変える」という明確な目標があります。他のオープンソースプロジェクトと同様に、Cardanoは明確なロードマップや正式な白書があるわけではありませんでした。むしろ、堅固で先駆的な、研究に基づくブロックチェーンを生み出すために、科学的な設計原則とエンジニアリングのベストプラクティスを幅広く組み合わせました。このようなアプローチにより、Cardanoは他とは異なる固有なブロックチェーンプラットフォームと位置付けられています。

一連のベストプラクティス、アイデア、貢献が、安全で分散化された、スケーラブルな台帳を構築するためのCardanoの基礎を形成しました。現在、豊富な研究論文がInput Output Globalのライブラリーページに収録されており、本稿執筆時における数は139を数えています。その多くが査読済みであり、トップレベルの学術会議で認められています。Google Scholar

Lace:スピード、簡易性、そして、シームレスなフロー

現在開発中のIOGの新ライトウォレットが、クリプトユーザーに優れた機能と使いやすさを提供し、普及を推進

2022年 6月 10日 Olga Hryniuk 4 分で読めます

Lace:スピード、簡易性、そして、シームレスなフロー

ウォレットは、暗号資産ユーザーが自分のデジタル資産を安全に保管し、アクセスすることを可能にします。デスクトップからモバイルアプリケーション、ハードウェア(USBタイプ)デバイスまで、その形式はさまざまです。

DaedalusウォレットはIOGのフルノード実装で、ブロックチェーン履歴と完全に同期されたデスクトップアプリケーションです。フルノードウォレットはテックサヴィ系のユーザーには適していますが、大量のリソースを消費し、ブロックチェーンの全コピーを持つため同期時間がかかります。したがって、自分の資産に素早くアクセスする必要のあるユーザーにとって、フルノードウォレットは必ずしもベストな選択肢ではありません。Cardanoが一般的なユーザーに受け入れられ、発展途上の市場に広がっていくにつれ、代替手段が必要となります。