ブログ > 筆者 > Ivan Irakoze

DIDコア仕様によるデジタルIDの進化

World Wide Web Consortium(W3C)で最近承認されたDIDコア仕様が、分散型識別子を構築するIDプラットフォームのより明確で強力な基盤を提供

2022年 9月 8日 Ivan Irakoze 7 分で読めます

DIDコア仕様によるデジタルIDの進化

2022年6月、World Wide Web Consortium(W3C)でDecentralized Identifier (DID) Working GroupのDIDコア仕様をW3C勧告とすることが承認されました。このマイルストンによりデジタルIDの重要性の高まりが再確認され、Atala PRISMなどIDプラットフォームのための、より明確で強力な基盤が提供されます。

本稿では以下を考察します。

  • デジタルID、そしてDIDとは何か
  • デジタルIDにとってDIDコア仕様の承認が持つ意味

デジタルIDとは何か

デジタルIDを定義する前に、まずアイデンティティに伴うすべてを理解する必要があります。

アイデンティティには、エスニシティ、生年月日、血統といった、自己を表す不可変の特徴、そして職業やオンラインの人格など変更できる特徴のすべてが含まれます。

スタンフォード大学にInput Output Globalが投じる450万ドルのブロックチェーン研究ハブ

Input Output Globalは名門スタンフォード大学と提携し、ブロックチェーン研究へ資金を提供

2022年 8月 30日 Ivan Irakoze 7 分で読めます

スタンフォード大学にInput Output Globalが投じる450万ドルのブロックチェーン研究ハブ

Input Output Global, Inc.(IOG)は、高保証性のブロックチェーン技術開発において、査読を受けた学術研究に基づくプロセスを最優先しています。研究チームは、多様なトピックにわたり130本を超える研究論文を公開しており、その多くはCardanoの設計原理とIOGの新製品やサービスを支えています。

今週、スタンフォード大学に新たに450万ドルを投じた「ブロックチェーン研究ハブ」への資金提供により、ブロックチェーン研究の世界での最新のコラボレーションを発表できることを誇りに思います。

この新たな提携、その目的、そしてその背後にある素晴らしい頭脳について詳しく紹介します。

ブロックチェーンの未来のための新たな研究

ブロックチェーン技術は社会のさまざまな側面を改善することができます。しかし、この成長途上にあるこの分野における最近の事件(ブリッジのハッキング、ブロックチェーンの崩壊

Ofelimos解説

プルーフオブユースフルワークによってプルーフオブワークのエネルギーコストを最小限に抑えるOfelimos(オフェリモス)の仕組み

2022年 8月 18日 Ivan Irakoze <1 分で読めます

Ofelimosの詳細は、「Ofelimos:プルーフオブユースフルワークコンセンサスプロトコル」をご覧ください。

ADAをステーキングする方法

Cardanoブロックチェーンの検証をサポートして、ADAの報酬を獲得

2022年 7月 28日 Ivan Irakoze <1 分で読めます

ステーキングと委任に関する詳細は、「ステーキングはCardanoの根幹」をご覧ください。

Ivan Irakoze

Ivan Irakoze

Blog/Feature Writer

Marketing & Communication