Hydraを使用したオークションプロジェクトの実装

IOGとMLabsがHydraプロトコルを使用したオークションのリファレンス実装の開発で提携

2023年 1月 20日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

Hydraを使用したオークションプロジェクトの実装

Input Output Global(IOG)とMLabs Ltd.(MLabs)はHydraプロトコルを使用したオークションのリファレンス実装を共同開発しています。この提携の最初の実績が、Hydra Headプロトコルを使用したデジタル資産オークションの実装において可能性のあるアプローチの概要を、それぞれの優位性と現在の限界とともに述べた論文です。本稿では、論文で詳説されているこのテーマについて、概要を簡単に紹介します。

この提携の目的は、オークションアプリケーションを開発するために現行のHydra Headプロトコルの実装が実現可能であることを示すことです。提案されたリファレンス実装はまた、Hydra Headプロトコルの設計を、Cardanoエコシステムの具体的なユースケースに合わせて建設的に決定します。

オークションという用語

Implementing auction projects using Hydra

A paper by IOG and MLabs presenting a way for handling auctions using Hydra

2023年 1月 20日 MLabs 33 分で読めます

This project is a collaboration between Input Output Global, Inc. (IOG) and MLabs Ltd. (MLabs) to develop a reference implementation of an auction that uses Hydra protocols. The purpose of this is twofold:

  1. To demonstrate that it is now possible to develop substantial applications for a valuable use case with Hydra’s current implementation.
  2. To constructively determine and align…

Cardanoの新しい暗号プリミティブが優れた相互運用性と、安全なクロスチェーンのDApp開発をもたらす

クロスチェーンアプリケーションの構築を容易にするため、Input Output Global(IOG)はPlutusにECDSAとSchnorr署名をサポートする新しいビルトイン関数を追加

2023年 1月 19日 Tim Harrison 5 分で読めます

Cardanoの新しい暗号プリミティブが優れた相互運用性と、安全なクロスチェーンのDApp開発をもたらす

暗号により、ブロックチェーンの設定における信頼とセキュリティが保証されます。ブロックチェーンにより、使用する暗号署名方式は異なります。ECDSA(楕円曲線DSA)とSchnorr署名は、ブロックチェーンプラットフォームで使用される2大楕円曲線です。ビットコインやイーサリアムなどのシステムは、ECDSAを使用しています。Schnorr署名はもともとECDSAの代替として提案されましたが、これもPolkadotなど複数のブロックチェーンネットワークで使用されています。

Cardanoは、楕円曲線Curve25519を基本曲線とするエドワーズ曲線デジタル署名アルゴリズム(EdDSA)を使用します(別名Ed25519)。これは、迅速な署名検証と小さな署名サイズを提供し、ブロックチェーン全体のパフォーマンスとセキュリティの向上に役立ちます。さらに、Ed25519は特定のタイプの暗号攻撃への耐性を考えて設計されているため、安全面に優れた選択肢となります。Monero、Rippleなど

IOGがCardanoのカスタムサイドチェーン開発用のツールキットを公開

Cardanoでサイドチェーンを構築:ドキュメント、コンポーネント、実施例

2023年 1月 12日 Neil Burgess 12 分で読めます

IOGがCardanoのカスタムサイドチェーン開発用のツールキットを公開

Input Output Global(IOG)は、Cardanoの堅固な基盤を使用して、カスタムサイドチェーンを構築するためのツールキットを構築する専門エンジニアのチームを編成しました。チームはツールキットを使って、イーサリアムバーチャルマシン(EVM)対応のサイドチェーンパブリックテストネットを概念実証として作成しました。サイドチェーンにより、メインチェーンの安定性やセキュリティを損なうことなく、Cardanoを拡張可能にし、スケーラビリティを向上させることができます。

サイドチェーンでCardanoを拡張

Cardanoは第三世代ブロックチェーンであり、学術研究に基づき、Haskellで作成することにより数学的正当性を実現しています。

Ouroborosコンセンサスプロトコルの分散性、セキュリティ、スケーラビリティは、この5年間にわたり、何千もの独立したステークプール何百万ものウォレットアドレス

Mithrilでノードの同期時間を向上

Cardanoノードの安全なブートストラップを実現する、軽量、高速、効率のよいソリューションMithril

2023年 1月 11日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

Mithrilでノードの同期時間を向上

Mithrilは、全履歴の読み込みなしでCardanoブロックチェーンの現在のステータスを取得できるようにするソリューションです。以前の投稿では、Mithrilプロトコルが機能する仕組みを説明し、概念実証のリリースに関する情報を更新しました。

エディンバラで開催されたIO ScotFestで、PaloITのテクニカルリード、Jean-Philippe Raynaudと、IOGのCardanoリード暗号理論エンジニア、Inigo Querejeta Azurmendiは、Mithrilのメリット、アプリケーション、ロードマップについて詳しく紹介しました。

スケーラビリティの向上を達成

スケーラビリティと大規模な普及を達成するための課題の1つが、チェーンとの高速で安全なインタラクションです。フルノードで稼働しているDApp…