Atala SCAN:ブロックチェーンベースの製品認証

先進的なブロックチェーンでスマートマイクロチップにより偽造品を駆逐する方法とは

2022年 5月 4日 Neil Burgess 7 分で読めます

Atala SCAN:ブロックチェーンベースの製品認証

プレミアム価格で購入した高級蒸留酒のコレクターズボトル。でも、疑いが拭えない。小売店をはじめとするすべてのサプライチェーンが、徹頭徹尾、誠実であると信用できるだろうか。

オンライン薬局で高い薬を買う。金額に見合うだけのものを得ていると確信できるだろうか。IOGの製品認証システムAtala SCANは、このような問いに答えられる。しかも、小売店やサプライチェーンの誰をも信用する必要はない。

高級酒ボトル用ソリューションのパーツは、改ざんした場合にそのことがわかるスマートシールだ。Atalaはこのシールと、そのシールが付された個別アイテムの完全な製造履歴の間に、暗号化された、監査可能なリンクを設ける。無料アプリを使えば、自分のスマートフォンで製品の真贋が即座に検証できる。

Atala SCANは第三世代ブロックチェーンテクノロジーであるCardano…

相互運用性はブロックチェーンの成長の鍵

ブリッジ、サイドチェーン、AGIX ERC20コンバーターが、Cardanoのクロスチェーン開発のソリューションを提供

2022年 4月 28日 Olga Hryniuk 13 分で読めます

相互運用性はブロックチェーンの成長の鍵

Cardanoは、開発者やブロックチェーンファンの幅広いコミュニティを堅実に拡大しています。Cardanoブロックチェーンの詳細を見ると、Cardanoには現時点で450万を超えるネイティブトークン、5000を超えるNFTプロジェクト、全体で900を超えるプロジェクトが現時点で構築されています。

この成長を支えるために、コミュニティは現在Cardanoのより幅広い普及に取り組んでいます。他のブロックチェーンとも機能する能力、いわゆる相互運用性がこのカギとなります。

Input Output Global(IOG)は、ブロックチェーンブリッジ、サイドチェーン、そしてAGIX ERC20コンバーターに注目しています。スケーラビリティ、テクノロジーの適用、使いやすさを向上させるために、ブロックチェーン間の通信を可能にする核となる機能が存在します。

相互運用性

ゲストブログ:Cardano相互運用性におけるコラボレーション

CardanoとEVMブロックチェーン間の新しい相互運用性ソリューションを発表

2022年 4月 27日 Temujin Louie 4 分で読めます

ゲストブログ:Cardano相互運用性におけるコラボレーション

Wanchainでは、分散化の重要性を信じており、グローバルなブロックチェーンのランドスケープが美しい単一の相互運用可能なネットワークとして機能するという明確な将来のビジョンを持っています。そのため、これに向けてもう一歩重要なステップを踏み出すことに殊更心を躍らせています。本日、Cardanoメインネット、Cardanoサイドチェーン、そして他のブロックチェーンネットワークと相互運用が可能になるというニュースをお伝えします。

この取り組みは、Cardanoと他のレイヤー1ブロックチェーンを接続する、ノンカストディアル型で双方向の分散型クロス-チェーンブリッジの展開を実現するものです。Wanchainブリッジのノードは、さらにセキュアなCardanoのクロス-チェーンブリッジとトランザクションにアップグレードされ、WanchainはCardano…

Marloweに新たなコマンドラインインターフェイスを導入

CLIを使ったトランザクションの送信方法とMarloweコントラクトとの通信方法を学ぼう

2022年 4月 19日 Niamh Ahern 8 分で読めます

Marloweに新たなコマンドラインインターフェイスを導入

Marloweは、Cardanoを金融界へ普及させる触媒となる、製品スイートを備えたオープンソースのドメイン専用言語(DSL)です。恒常的に強化、更新を行っていますが、コマンドラインインターフェイス(CLI)はまさに必要不可欠なもの。そこで、新しいCLIツールを使って、Marloweとのやり取りをもっと便利にしました。この新ツールは、コマンドラインからコントラクトを実行したいというユーザー向けに、シンプルなワークフローをサポートします。これでユーザーは、ツールがコントラクトのインプットやステータスの詳細を管理している間、Marloweコントラクトに集中することができます。また、Plutusの多くの側面やCardanoノード自体とのやり取りを自動化して、ユーザーの負担を軽減します。

目的

新しいMarlowe CLIツールで、社内でのMarlowe…

スクリプト参照でCardanoスループットを向上

Vasilアップグレードに伴うCardanoの改良の一部を紹介します

2022年 4月 13日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

スクリプト参照でCardanoスループットを向上

Basho(バショウ)開発期を通じて、需要の高まりに応じた台帳の最適化とスケーリングが続けられます。パラメーターの調整とノードのアップグレードとともに、Plutusの機能は堅調に開発が続けられています。

Plutusは生きた、進化するスマートコントラクト言語です。この進化において、CIP(Cardano改善提案)が重要な役割を果たします。CIPメカニズムを通じて、誰もがCardanoの改善案を提案することができます。CIPはコミュニティによるエンゲージメントと提案のレビューを促します。改善案はCardano財団のGitHubリポジトリで継続的に維持されます。

このうち2つの詳細を見てみましょう。参照インプット(CIP-31)と参照スクリプト(CIP-33)の各CIPはすべてCardanoに実装されるべく提出され、6月のVasilハードフォークで実装予定に含まれています。他のスケーラビリティ向上の手段とともに、こうしたPlutusの強化は、Cardanoにおける分散型アプリケーション(DApp)、分散型金融(DeFi)、リアルFi…