ブログ > 筆者 > Arnaud Bailly

Cardanoの時間処理パート2:ユースケース

Plutus、Marlowe、HydraによるCardanoのタイムキーピング

2022年 12月 8日 Arnaud Bailly 9 分で読めます

Cardanoの時間処理パート2:ユースケース

本稿は、Arnaud Bailly、Michael Peyton Jones、Sebastian Nagel、Polina Vinogradova、Brian Bushによる共同執筆によるものです。

前回の投稿では、OuroborosによるCardanoの時間処理方法と決定性の重要性を説明しました。ここでは、Cardanoの時間に関する具体的なユースケースを紹介します。

Plutusスクリプトによる時間処理

Plutusスクリプトは、作成者が定義するトランザクション有効範囲にアクセスします。有効範囲を定義する際、作成者はトランザクションがスロットXからスロットY…

Cardanoの時間処理パート1:Ouroboros、そして決定性の重要性について

ブロックチェーンの設定でグローバルコンセンサスを確保する上で欠かせないオンチェーンのタイムキーピング。Cardanoの時間処理を解説します

2022年 12月 7日 Arnaud Bailly 8 分で読めます

Cardanoの時間処理パート1:Ouroboros、そして決定性の重要性について

画像:Noor Younis

本稿は、Arnaud Bailly、Michael Peyton Jones、Sebastian Nagel、Polina Vinogradova、Brian Bushによる共同執筆です。

時間はブロックチェーンシステムへの参加者全員に必然的に関連し、Ouroborosコンセンサスプロトコルのセーフティプロパティをサポートおよび維持する上で極めて重要です。発行されたブロックは、前ノードにタイミングよく伝播されることが期待されます。したがって、時間はコンセンサスに達するためにグローバルに受け入れられる表現の構築を必要とします。

Ouroborosの時間処理

ローカルでは、ノードはwall-clock…

Arnaud Bailly

Arnaud Bailly

Technical Lead

Engineering