ブログ > 筆者 > Fernando Sanchez

Marloweセキュリティの総合ガイド:監査結果、組み込まれた機能制限、台帳のセキュリティ機能

Marloweが安全なスマートコントラクト開発プラットフォームである理由を解説します

2023年 6月 27日 Fernando Sanchez 27 分で読めます

Marloweセキュリティの総合ガイド:監査結果、組み込まれた機能制限、台帳のセキュリティ機能

免責事項:Marloweセキュリティに関する本稿の内容は、いかなる種類の保証もなく「現状のまま」提供されています。本稿の内容は、財政、投資、法律、税金に関するアドバイスを含むがこれに限定されない専門的なアドバイスを目的としたものではありません。Input Output Globalは、読者が本稿から得られる情報の使用またはこれへの依存に一切の責任を負いません。

はじめに

ほとんどのブロックチェーンにおいて、スマートコントラクトとは、事前に定義された特定の条件が満たされると自動で実行されるコンピュータープログラムです。Cardanoではこれがやや異なります。スマートコントラクトの実行は、Cardano…

Marloweリリース:Marloweのスマートコントラクトツールセットが持つ力をいち早く体験

スマートコントラクトを構築、実行するためのツールセットを提供するMarloweがメインネットにリリース。今すぐMarloweスマートコントラクトをチェックし、作成し、デプロイしてみてください

2023年 6月 1日 Fernando Sanchez 13 分で読めます

Marloweリリース:Marloweのスマートコントラクトツールセットが持つ力をいち早く体験

Marloweは監査が済み、Cardanoメインネットへデプロイされました。初期ユーザーにとって、今こそMarloweの高保証機能を探り、テストする絶好の機会です。

Marloweは、安全なスマートコントラクトを簡単に作成、テスト、デプロイ、収益化するための直感的なソリューションを開発者に提供し、ユーザーが分散型アプリケーション(DApp)の可能性を最大限に引き出すことを可能にします。

この初回デプロイは、ユーザーの操作性に関する情報を収集し、開発者がドキュメントの使用性に関する見解を共有する機会を提供するほか、新しいユースケースのアイデアやツール拡張の提案など、さまざまな目的に使用できます。

また、Marloweとは何か、これが解決する諸問題、そのコンポーネントと主な利点、Marlowe…

Valentineアップグレードに関するFAQ

先般のValentineアップグレードに関するよくある質問をまとめました

2023年 2月 27日 Fernando Sanchez 4 分で読めます

Valentineアップグレードに関するFAQ

Q - Valentine開発期内ハードフォークでは何が達成されますか。

A - 効率的なクロスチェーンアプリケーションの構築を可能にするため、Cardanoのネイティブ署名とともにECDSAおよびSchnorr署名をサポートする新しい組み込み関数が追加されました。実装されると、これらの機能はCardanoネイティブになります。さらに、専門家によるセキュリティ監査により、可能な限り最高レベルのセキュリティが保証されるという利点もあります。

Q - 開発期内ハードフォークとは何ですか。

A - 台帳に対する小さく焦点を絞ったセマンティクスの変更で、ハードフォークを必要としますが、台帳の開発期は変わりません(Babbageなど)。

Q - DApp開発者は、Cardano上でネイティブECDSAおよびSchnorr…

Cardanoを構築したIOGとエディンバラ大学がゼロ知識証明ラボを立ち上げてブロックチェーンのスケーラビリティと安全性の向上を推進

2022年 11月 18日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

Cardanoを構築したIOGとエディンバラ大学がゼロ知識証明ラボを立ち上げてブロックチェーンのスケーラビリティと安全性の向上を推進
  • 新しいZK-Labは、多くの人からブロックチェーンの機密性の未来とみなされているゼロ知識プロトコル技術の研究に重点を置く
  • これは、IOGとエディンバラ大学が共同で設立した2つ目のラボ

英国エディンバラ、2022年11月18日ゼロ知識プロトコル技術の開発に主眼を置く新たな研究ラボが、英国の名門エディンバラ大学で本日開設されました。このラボの開設は、世界有数のサステナブルなブロックチェーンプラットフォームCardanoの作成に携わるInput Output Global, Inc.(IOG)の出資によるものです。その目的は、原則的にゼロ知識証明および他のゼロ知識プロトコルを調査することです。

Cardanoを構築したInput Output Globalが、ブロックチェーンの将来のために450万ドルを出資してエディンバラ大学に研究ハブを設立

2022年 11月 18日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

Cardanoを構築したInput Output Globalが、ブロックチェーンの将来のために450万ドルを出資してエディンバラ大学に研究ハブを設立
  • 研究ハブはブロックチェーン技術の研究と学習の深化を促進
  • 立ち上げは、スタンフォード、エディンバラ、カーネギーメロンのハブに対するIOGの投資に続く

英国エディンバラ、2022年11月17日:ブロックチェーンCardanoの主要開発者であるInput Output Global, Inc.(IOG)は本日、ブロックチェーン技術の開発を加速することを目的とした新しい研究プロジェクトに資金を提供するために、エディンバラ大学の研究ハブに450万ドルを資金提供したことを発表しました。この寄付は、IOGの広範な学術プログラムの一部を成し、新興技術の業界標準とベストプラクティスを設定するための継続的な研究を育成することを目的としています。

Input Output Global Research Hubは、エディンバラ大学とIOG…