ブログ > 筆者 > Fernando Sanchez

Cardanoの5年

Cardano5周年を記念して、ブロックチェーンの進化を定義した主要な成果とマイルストンを振り返ります

2022年 9月 27日 Fernando Sanchez 9 分で読めます

Cardanoの5年

Cardnaoはまだ比較的若いですが、モーツアルトがメヌエットとトリオを作曲したのも同じ歳でした。モーツアルトは、おそらくその幼さに応じて、浮きたつような(チャーミングと表する人もいます)メロディを書きました。Cardanoの使命も、ユーザーのニーズを満たすバランスの取れたエコシステムの提供という、インスピレーションを搔き立てるものです。

今日は5本のキャンドルが明るく輝いています。思い出の小道の中で、この旅の進むべき道を示す5つのビーコン。そんな、今日のCardanoを形作る一助となった画期的な瞬間を振り返ってみましょう。

2017年9月27日:Cardano - 第三世代ブロックチェーン

2015年、とあるホテルで、Charles HoskinsonとJeremy Wood…

レイヤー1とレイヤー2:知っておくべきすべてのこと

ブロックチェーンアーキテクチャーについて語るとき、「レイヤー1」、「レイヤー2」という用語が頻繁に使われます。これは、2つの点から重要な概念です。ブロックチェーンネットワークがどのように構築されているかを説明する、そして、ブロックチェーンネットワークがどのようなものか、簡単に理解できるような視覚的表現を提供する、の2点。これを、詳しく解説します

2022年 8月 5日 Fernando Sanchez 18 分で読めます

レイヤー1とレイヤー2:知っておくべきすべてのこと

レイヤー1:定義

てっぺんにカップルの人形があしらわれた、何段(層、レイヤーと言ってもいいでしょう)にもなっているウェディングケーキを考えてみてください。美しいケーキが、ベースとなるしっかりとしたスタンドに乗っています。すべての目的において、このしっかりと固いケーキスタンドは、第1層(レイヤー1)としてケーキのインフラストラクチャーを支えています。何を言いたいかお分かりかもしれません。ブロックチェーンにおいて、レイヤー1はレイヤー2ソリューションを乗せるベースネットワークです。

レイヤー1:機能

この図式を念頭に置いて考えると、Cardanoはレイヤー1(ベースネットワーク)であり、その中には3つの独立した層(レイヤー)が含まれています。

  • ネットワーク層
  • コンセンサス層
  • 台帳層

ネットワーク層

Cardano…

DISHがInput Output Global(IOG)の技術をベースに構築した分散型IDおよびロイヤリティコインシステムを発表

画期的なブロックチェーンソリューションを作成してDISHエコシステムにおける分散型テクノロジーの採用を促進するための、DISHとIOGの長期的コラボレーションの一環としてのイニシアチブ

2022年 6月 7日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

DISHがInput Output Global(IOG)の技術をベースに構築した分散型IDおよびロイヤリティコインシステムを発表

DISH Network Corporationが、Input Output Global(IOG)が設計、開発したブロックチェーンテクノロジーを基盤に、分散型IDおよびロイヤリティコインシステムの立ち上げへ向けて最初のステップを踏み出しました。この第1歩は、Atala PRISMのIDサービスとCardanoのネイティブ資産機能によって、DISHのインフラでブロックチェーン機能を可能にするものです。

このコラボレーションの最終目的は、最初にCardanoブロックチェーンに構築された堅牢かつ完全にデジタル化および分散化されたIDとロイヤリティのフレームワークを作成することです。

DISHは米国コロラドに本社を構える衛星テレビ会社です。2021年のCardanoサミットで、IOGのCharles Hoskinson CEOは、分散型台帳テクノロジーの普及を推進するために両社が協力して新しいブロックチェーンソリューションを作ると発表

CardanoがConsensusに参加:その展望

今年開催される屈指のブロックチェーンイベントConsensusにIOGも参加。その内容を紹介します

2022年 6月 6日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

CardanoがConsensusに参加:その展望

クリプト開発者や愛好者たちが注目する分散型ワールドのフェスConsensusが開催目前に迫りました。この大イベントの2022年会場となるのはテキサス州オースティンのオースティン会議センター。グローバルなクリプト界の著名人たちをホストします。

Input Output(IOG)も、Cardano財団やEMURGOの友人らとともにこれに参加。Charlesがメイン会議で発言するほか、Cardanoメインブースでは、Fund9の開始が秒読みとなったProject Catalyst、Atala PRISM、IOGの新しいライトウォレット、EVMサイドチェーンプロジェクトなど、3組織のさまざまな製品、プロジェクト、イニシアチブが展示されます。

そしてさらに重要なことに、#BuildingOnCardanoの何百ものDAppとNFT…

変動損失について知りたかったこと、訊きづらかったことのすべて

変動損失の予測可能性における、EUTXOモデルのアカウントベースモデルに対する優位性

2022年 5月 27日 Fernando Sanchez 12 分で読めます

変動損失について知りたかったこと、訊きづらかったことのすべて

免責事項本稿の内容は、財政、投資、法律、税金に関するアドバイスを含むがこれに限定されない専門的なアドバイスを目的としたものではありません。Input Output Globalは、読者が本稿から得られる情報の使用またはこれへの依存に一切の責任を負いません。

分散型金融(DeFi)は、ブロックチェーンに構築された分散型のアプリケーション(DApp)、サービス、プロトコル、金融商品の総称です。これは、システムを一元管理する単一の機関を持たない分散型台帳技術によって可能となった、比較的新しい産業分野です。DeFi環境に詳しい人なら、変動損失についても耳にしたことがあるでしょう。これは、誤解しやすい名称(訳者注:言語はimpermanent loss…

Fernando Sanchez

Fernando Sanchez

Technical Writer

Marketing and Communications