Cardanoの時間処理パート2:ユースケース

Plutus、Marlowe、HydraによるCardanoのタイムキーピング

2022年 12月 8日 Arnaud Bailly 9 分で読めます

Cardanoの時間処理パート2:ユースケース

本稿は、Arnaud Bailly、Michael Peyton Jones、Sebastian Nagel、Polina Vinogradova、Brian Bushによる共同執筆によるものです。

前回の投稿では、OuroborosによるCardanoの時間処理方法と決定性の重要性を説明しました。ここでは、Cardanoの時間に関する具体的なユースケースを紹介します。

Plutusスクリプトによる時間処理

Plutusスクリプトは、作成者が定義するトランザクション有効範囲にアクセスします。有効範囲を定義する際、作成者はトランザクションがスロットXからスロットY…

Cardanoの時間処理パート1:Ouroboros、そして決定性の重要性について

ブロックチェーンの設定でグローバルコンセンサスを確保する上で欠かせないオンチェーンのタイムキーピング。Cardanoの時間処理を解説します

2022年 12月 7日 Arnaud Bailly 8 分で読めます

Cardanoの時間処理パート1:Ouroboros、そして決定性の重要性について

画像:Noor Younis

本稿は、Arnaud Bailly、Michael Peyton Jones、Sebastian Nagel、Polina Vinogradova、Brian Bushによる共同執筆です。

時間はブロックチェーンシステムへの参加者全員に必然的に関連し、Ouroborosコンセンサスプロトコルのセーフティプロパティをサポートおよび維持する上で極めて重要です。発行されたブロックは、前ノードにタイミングよく伝播されることが期待されます。したがって、時間はコンセンサスに達するためにグローバルに受け入れられる表現の構築を必要とします。

Ouroborosの時間処理

ローカルでは、ノードはwall-clock…

Cardanoを構築したIOGとエディンバラ大学がゼロ知識証明ラボを立ち上げてブロックチェーンのスケーラビリティと安全性の向上を推進

2022年 11月 18日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

Cardanoを構築したIOGとエディンバラ大学がゼロ知識証明ラボを立ち上げてブロックチェーンのスケーラビリティと安全性の向上を推進
  • 新しいZK-Labは、多くの人からブロックチェーンの機密性の未来とみなされているゼロ知識プロトコル技術の研究に重点を置く
  • これは、IOGとエディンバラ大学が共同で設立した2つ目のラボ

英国エディンバラ、2022年11月18日ゼロ知識プロトコル技術の開発に主眼を置く新たな研究ラボが、英国の名門エディンバラ大学で本日開設されました。このラボの開設は、世界有数のサステナブルなブロックチェーンプラットフォームCardanoの作成に携わるInput Output Global, Inc.(IOG)の出資によるものです。その目的は、原則的にゼロ知識証明および他のゼロ知識プロトコルを調査することです。

Cardanoを構築したInput Output Globalが、ブロックチェーンの将来のために450万ドルを出資してエディンバラ大学に研究ハブを設立

2022年 11月 18日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

Cardanoを構築したInput Output Globalが、ブロックチェーンの将来のために450万ドルを出資してエディンバラ大学に研究ハブを設立
  • 研究ハブはブロックチェーン技術の研究と学習の深化を促進
  • 立ち上げは、スタンフォード、エディンバラ、カーネギーメロンのハブに対するIOGの投資に続く

英国エディンバラ、2022年11月17日:ブロックチェーンCardanoの主要開発者であるInput Output Global, Inc.(IOG)は本日、ブロックチェーン技術の開発を加速することを目的とした新しい研究プロジェクトに資金を提供するために、エディンバラ大学の研究ハブに450万ドルを資金提供したことを発表しました。この寄付は、IOGの広範な学術プログラムの一部を成し、新興技術の業界標準とベストプラクティスを設定するための継続的な研究を育成することを目的としています。

Input Output Global Research Hubは、エディンバラ大学とIOG…

Cardanoを構築したIOGとエディンバラ大学が、暗号資産の分散化に業界標準の指標を提供する初のインデックスを作成

2022年 11月 18日 Fernando Sanchez 5 分で読めます

Cardanoを構築したIOGとエディンバラ大学が、暗号資産の分散化に業界標準の指標を提供する初のインデックスを作成
  • エディンバラ分散性インデックス(EDI)が英国名門大学で開発されている方法論のベースに
  • EDIはこの種の最初のインデックスであり、動きの速いブロックチェーン市場を追跡するために継続的に計算される
  • EDIは不透明な中央集権的ブロックチェーンプロジェクトからユーザーを守る

英国エディンバラ、2022年11月18日:主要なプルーフオブステーク型ブロックチェーンCardanoの構築に携わるInput Output Global, Inc.(IOG)は、英国屈指の学術機関であるエディンバラ大学と提携して、ブロックチェーン業界初の「分散性インデックス」を開発します。

エディンバラ分散性インデックス(EDI…