ブログ > 筆者 > Olga Hryniuk

ZK-Lab - ゼロ知識証明の基礎を研究

高保証ブロックチェーンソリューションの提供でIOGと提携するエディンバラブロックチェーン技術研究所の姉妹ラボ、ZK-Lab

2022年 11月 18日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

ZK-Lab - ゼロ知識証明の基礎を研究

ブロックチェーン研究開発の大手企業Input Output Global, Inc.(IOG)は分散型技術の研究と安全なブロックチェーンソリューションの提供のために一流大学や研究ハブと協力しています。

最近のブログ記事では、IOGが、関数型正確性と研究ベースの実証に基づくブロックチェーン技術の研究に携わる諸機関およびラボからなるネットワークをいかに確立したかを論じています。今回は、ZK-Lab、すなわちゼロ知識証明(ZKP)の基礎研究を行うゼロ知識ラボを紹介します。

ZKPを取り上げる理由

分散型コンピューティングパラダイムの勃興は、主権者が自身のデータを管理する安全な手段を確立することへの関心を再燃させています。ZKPを使用すると、一方の当事者は、特定の声明または主張が真実であることを、内容を明らかにすることなく他方に証明できます。

1985年のGoldwasser, Micali, and Rackoffの論文「The Knowledge Complexity of Interactive Proof-Systems(対話型証明システムの知識の複雑性)」で最初に提案されたZKPは、科学理論家と実務家の関心を一様に捉えています。ZKPは当初、その複雑で理論的、そして基本的な側面が高く評価されていましたが、デジタルID…

SECPとは何か、いかにCardanoのクロスチェーン開発を促進するか

Cardanoに、安全なクロスチェーンDApp開発を可能にする新しい暗号プリミティブが登場

2022年 11月 3日 Olga Hryniuk 5 分で読めます

SECPとは何か、いかにCardanoのクロスチェーン開発を促進するか

暗号はブロックチェーン界で不可欠な役割を果たし、ネットワーク参加者間に信頼とセキュリティを確保します。

DApp開発者は、暗号プリミティブをビルディングブロックとして使用して、機密データを含む安全なトランザクションを作成し、カスタムの暗号化および復号化アルゴリズムを開発し、デジタル署名を使用して検証することができます。

ここ数十年で、楕円曲線暗号(ECC)は、暗号化プロトコルと安全なアプリケーションを開発するための事実上のプリミティブになりました。ECCは、比較的短い鍵と署名を使用しながら、他のメカニズムと同じレベルのセキュリティを提供します。

SECPとは何か

SECP、特にSECP256k…

IOGの研究が学術界にいかに広まっているか

業界の難問に専心して取り組むブロックチェーンインフラとエンジニアリングの大手企業IOG

2022年 10月 25日 Olga Hryniuk 22 分で読めます

IOGの研究が学術界にいかに広まっているか

IOGは、Cardano、そしてその最初のネイティブ暗号資産であるADAの構築で名を上げました。5年にわたりプルーフオブステーク型ブロックチェーンをリードしてきた安全でスケーラブルな分散型台帳の基盤となるのは学術研究です。

世界各地の研究者や名門大学との協力のもと、IOGは難しい研究課題への取り組みに専心し、フィンテックブロックチェーンインフラ用の堅固な基盤を確立しています。本稿では、分散化技術の研究に携わっている機関や研究所のネットワークの確立について考察します。

IOGの研究を率いるのは、IOGのチーフサイエンティストであり、エディンバラ大学教授のAggelos Kiayiasです。教授、科学者、リサーチフェロー、リサーチエンジニアなど26名のスタッフを含む研究チームは、全員が以下を含む幅広い研究テーマに取り組んでいます。

  • 暗号理論
  • ソフトウェアエンジニアリング
  • 分散型システム
  • 人間とコンピューターのインタラクション
  • ネットワーク
  • フォーマル検証
  • プログラミング言語
  • 信頼できるハードウェア
  • 経済

Mithril概念実証がオープンソースに

Mithrilはステークベースの署名スキーム。ネットワークに参加するノードの同期時間と効率を向上させます。その参加方法とは

2022年 8月 29日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

Mithril概念実証がオープンソースに

Cardanoのスケーリングが進む中、Input Output Global, Inc.(IOG)のエンジニアチームはネットワークのパフォーマンスを向上させるための様々なソリューションに取り組んでいます。Mithrilはそのようなソリューションの1つで、アプリケーション間のデータ同期の速度と効率を合理化することを目指しています。

7月の360ショーで、IOGテクニカルアーキテクトのArnaud BaillyがMithril開発の最新情報を報告しました。

Cardano運営にとってのMithrilの重要性

Cardanoノードを実行することによって、ユーザーはCardanoブロックチェーンとトラストレスな方法でやり取りすることができます。ネットワークは何千ものノードを…

Ofelimos:プルーフオブユースフルワーク型コンセンサスプロトコル

IOGが、プルーフオブワーク型ブロックチェーンのエネルギー浪費を最小限に抑える、証明可能安全性を持つ新たなコンセンサスプロトコルの研究を発表

2022年 8月 16日 Olga Hryniuk 15 分で読めます

Ofelimos:プルーフオブユースフルワーク型コンセンサスプロトコル

プルーフオブワーク(PoW)のエネルギーコストとカーボンフットプリントの最小化は、暗号界で最も熱く議論されるテーマの1つです。ナカモトの最長チェーンプロトコルをプルーフオブユースフルワーク(PoUW)に置換することは、多くの観点から理想的な解決策として理論化されてきましたが、今日までその概念は納得のいくほどの安全な実現化に至っていません。

本日、有数の国際暗号会議Cryptoにて、Input Output Global, Inc.(IOG)は、コンセンサスメカニズムが同時に分散型最適化問題解消機能を持つ新しいPoUW型ブロックチェーンプロトコル、Ofelimos(オフェリモス)を発表しました。このコンセンサスメカニズムは「ワーク(作業)」を活用して、ブロックチェーンを維持するために実用的な利益に関する計算(コンピュテーション)の諸問題を解消します。