ブログ > 筆者 > Olga Hryniuk

Atala PRISM:分散型ソリューションでデジタルIDを先駆け

分散型IDはIOGが構築しているネットワークの状態とシステムの要。その最新情報をお伝えします

2023年 5月 11日 Olga Hryniuk 7 分で読めます

Atala PRISM:分散型ソリューションでデジタルIDを先駆け

IDは私たちの生活のあらゆる側面で基盤を成しています。私的な場でも、仕事の場でも、個人や、保険会社、銀行、サービスプロバイダーといった企業や機関との日常的なやり取りの中心的な概念として機能します。パスポート、運転免許証、IDカード(クレデンシャル)などの物理的な文書は、個人の身元、年齢、居住地、その他の詳細情報を証明するためのシンプルな手段となります。同様に、学歴のクレデンシャルは、学術資格やプログラムの修了を認証するのに役立ちます。

しかし、デジタルイノベーションが急速に発展しているとはいえ、オンラインでの身元確認は依然として課題となっています。

IOGの製品責任者であるTony Roseは、先頃、Cardano Hotel Podcastのインタビューに応え、Atala PRISMと分散型IDについて語りました。ここでは、その主な論点を紹介します。

ダイナミックP2Pがメインネットで利用可能に

ノードv.1.35.6のリリースはダイナミックピアツーピア(P2P)ネットワーキング搭載。ネットワーク参加者は、静的な設定を必要としない自動ノード通信をテストできます

2023年 3月 16日 Olga Hryniuk 9 分で読めます

ダイナミックP2Pがメインネットで利用可能に

ダイナミックP2PネットワークはCardanoにとって重要な進化であり、ネットワークのパフォーマンス、復元力、分散化をさらに推進します。ピア選択プロセスを自動化することで、ダイナミックP2Pは分散しているノード間で強化された通信を可能にし、リレーノードまたはブロック生成ノードの実行プロセスを簡素化します。これにより、静的な設定や手動によるステークプールオペレーター(SPO)の入力が不要になります。

ダイナミックP2Pは、ノードv.1.35.6の組み込み機能として本日リリース。SPOコミュニティでは、リレーの1つをP2Pトポロジモードを使用するよう更新して、P2P機能をテストすることが推奨されています。今後数週間にわたって、IOGおよびCFチームはSPOコミュニティとともにネットワーク接続を評価し、ダイナミックP2P…

Hydraを使用したオークションプロジェクトの実装

IOGとMLabsがHydraプロトコルを使用したオークションのリファレンス実装の開発で提携

2023年 1月 20日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

Hydraを使用したオークションプロジェクトの実装

Input Output Global(IOG)とMLabs Ltd.(MLabs)はHydraプロトコルを使用したオークションのリファレンス実装を共同開発しています。この提携の最初の実績が、Hydra Headプロトコルを使用したデジタル資産オークションの実装において可能性のあるアプローチの概要を、それぞれの優位性と現在の限界とともに述べた論文です。本稿では、論文で詳説されているこのテーマについて、概要を簡単に紹介します。

この提携の目的は、オークションアプリケーションを開発するために現行のHydra Headプロトコルの実装が実現可能であることを示すことです。提案されたリファレンス実装はまた、Hydra Headプロトコルの設計を、Cardanoエコシステムの具体的なユースケースに合わせて建設的に決定します。

オークションという用語

Mithrilでノードの同期時間を向上

Cardanoノードの安全なブートストラップを実現する、軽量、高速、効率のよいソリューションMithril

2023年 1月 11日 Olga Hryniuk 6 分で読めます

Mithrilでノードの同期時間を向上

Mithrilは、全履歴の読み込みなしでCardanoブロックチェーンの現在のステータスを取得できるようにするソリューションです。以前の投稿では、Mithrilプロトコルが機能する仕組みを説明し、概念実証のリリースに関する情報を更新しました。

エディンバラで開催されたIO ScotFestで、PaloITのテクニカルリード、Jean-Philippe Raynaudと、IOGのCardanoリード暗号理論エンジニア、Inigo Querejeta Azurmendiは、Mithrilのメリット、アプリケーション、ロードマップについて詳しく紹介しました。

スケーラビリティの向上を達成

スケーラビリティと大規模な普及を達成するための課題の1つが、チェーンとの高速で安全なインタラクションです。フルノードで稼働しているDApp…

IOGがCardanoに提供したもの

Cardanoの開発は系統的な研究に基づく意図的なイノベーションへのアプローチによって導かれています。5段階以上の開発期を経て、IOGはイノベーションや最新の機能を導入。各段階とも前段階の成果をもとに構築されています

2022年 11月 18日 Olga Hryniuk 20 分で読めます

IOGがCardanoに提供したもの

本稿は、全IOGチームからの情報をもとに、Fernando SanchezとOlga Hryniukが執筆しています。

歌のない労苦は終わりのない辛い旅をしているようなものだ

はじめに

Cardanoブロックチェーンの開発は、系統的な研究に基づく意図的なイノベーションへのアプローチによって導かれています。Cardanoのイテレーションはたった7つのノードからなる連合型ネットワークから始まり、Input Output Global(IOG)は一度に1つずつ、ブロックチェーンの設計に新機能を追加してきました。5段階以上の開発期を経て、IOGはイノベーションや最新の機能を導入。各段階とも前段階の成果をもとに構築されています。

追加されるごとに、Cardano…