ブログ > 2024 > March > フルP2Pノード稼働に向かって

フルP2Pノード稼働に向かって

完全なP2Pネットワーキング、暫定ブートストラップネットワーク、および今後の計画の詳細

2024年 3月 14日 Marcin Szamotulski 7 分で読めます

フルP2Pノード稼働に向かって

ピアツーピア(P2P)ネットワーキングは、P2P通信、データ同期、および参加者間のコンセンサスを可能にすることで、ブロックチェーンの長期的な分散化、セキュリティ、および回復力に重要な貢献をします。

2023年3月、Dynamic P2Pにより、ピア選択プロセスが自動化されました。ノードv.1.35.6のリリースにより、分散されたノード間の通信が強化され、リレーノードとブロック生成ノードの操作が簡素化され、静的な設定とステークプールオペレーター(SPO)による手動入力が不要になりました。

フルP2Pノード運用に向けた次の(そして最後の)ウェイポイントには、近々リリースされるOuroboros Genesisで到達する見込みです。Genesisは、今夏を目標に、Changアップグレードの一環としてデプロイが予定されています。これにより、ノードは稼働中のCardanoネットワークからセルフブートストラップできるようになります。

フルP2Pへの移行

現在、ネットワークへの初回エントリーでは、安全で信頼できるバリデーター(通常は信頼できる仲間のSPOまたは別のエンティティ)から同期する必要があります。ノードが同期されると、Ouroboros Praosを使用して、分散化された形で動作します。Ouroboros Genesisはこのプロセスをさらに簡素化します。cardano-nodeのP2P機能を利用すると、プロセスは完全に自律的になり、人間の介入は不要になります。

現在のハイブリッドモデルからフルP2Pネットワーキングへの移行プロセスは段階的なものであり、移行はすでに始まっています。PoolToolによれば、SPOの約65%が12月にリリースされたノードv.8.7.3にアップグレードしており、5%がP2P最新バージョンを搭載したv.8.9.0にアップグレードしています。IOGとCardano財団のエンジニアは協力して、個々のSPOの特定、これへの連絡、通知、P2Pをサポートするのに十分なリレーを実行しているかの確認を続け、ウォレット、DApp、取引所、その他のノードユーザーと連絡を取って、必要に応じてノードをアップグレードしていることを確認します。

Ouroboros Genesisへの移行:一時的なブートストラップネットワークと「Genesis Lite」

個々のノードのダウンタイムが長期化したり、ネットワークとの同期が失われたりした場合は、セルフブートストラッププロセスを実行する必要があります。これは、ネットワークに参加する新しいノードにも適用されます。Ouroboros Genesisのデプロイに先立つ暫定的な措置として、IOGとEMURGOは約20の信頼できるノードで構成される新しい専用ブートストラップネットワークGenesis Liteをユーザーに提供します。この信頼できるブートストラップリレーネットワークは、要求に応じてスケーリングし、Cardano Genesisのコンフィグからのノードブートストラップを提供します。新たにブートストラップされたノードは、最初は最新の信頼できるノードに従う必要があります。その後、現在のTIPに近づいたらP2Pに切り替えます。以前のバージョンでは、この移行はノード所有者が手動でトポロジーファイル内のスロットを指定して実行する必要がありました。

エコシステムのアップグレード

ノード所有者によるタイムリーなアップグレードは、完全なP2Pをシームレスに展開し、Cardanoネットワークのサービスに必要な品質を維持するために不可欠です。完全なP2Pシステムに移行する際には、すべてのノード所有者が、P2Pメカニズムをフルサポートするバージョンにノードをアップグレードする必要があります。また、サービスプロバイダーもアップグレードを完了していることを確認する必要があります。これには、DAppプロバイダー、取引所、ウォレットプロバイダー、エクスプローラー、その他のツール、 ステークプールが含まれます。

IOGは現在、Daedalus、Lace、Nami、その他のツールを、新しいP2Pツールへの適合をサポートするようアップグレードしています。Cardano財団のAdrestiaチームは、ウォレットバックエンドのアップグレードにも取り組んでいます。DB Syncは変更なしで引き続き機能します。IOGおよびCardano財団のエンジニアリングチームは、SPOコミュニティとともに、引き続きネットワークのパフォーマンスとサービスの品質を日々監視し、定期的にユーザーとコミュニケーションを取っていきます。

すべてのSPO、取引所、DApp開発者、インフラプロバイダー、その他のノードユーザーは、今週最新ノードv.8.7.3以降にアップグレードし、すべてのリレーノードをP2Pモードで実行することが推奨されています。SPOのリレーノードのファイアウォールの背後にいるブロックプロデューサーは、useLedgerAfterSlotを-1に設定したブロック生成ノードでP2Pモードを使用することも、必要に応じてレガシーネットワークを使用してリレーノードと通信を継続することもできます。ツールプロバイダーには、トポロジーファイル内のローカルルートでピアディスカバリーを無効化するようuseLedgerAfterSlotを-1に設定し、独自のカスタムトポロジーを設定するオプションもあります。

これらの取り組みをサポートするために必要なことについて詳しく知りたいSPO、インフラプロバイダー、またはCardanoビルダーは、こちらのP2P運用チャネルにアクセスしてください。

まだDiscordサーバーに参加していない場合は、こちらをクリックしてください。

Marcin Szamotulski

Marcin Szamotulski

Software Engineering Lead

Engineering