ブログ > 2021 > September > Oasis Proとの提携で開発途上国に金融市場へのよりよいアクセスを提供

Oasis Proとの提携で開発途上国に金融市場へのよりよいアクセスを提供

発行市場からの低リスク投資における銀行の優位性を打破することを意図したパートナーシップ

2021年 9月 26日 Anthony Quinn 3 分で読めます

Oasis Proとの提携で開発途上国に金融市場へのよりよいアクセスを提供

IOHKとOasis Proは、ブロックチェーン技術を使って開発途上国に発行市場への参加の道を拓く代替取引システムを開発するために、画期的なパートナーシップを結びました。

二社は協力して、起債プラットフォームを創出します。Oasis Proは、米国ですでにOATSPROと呼ばれるマルチ資産代替取引システムを稼働させているOasis Pro Marketsの親会社です。これにより、公的および私的マルチ資産デジタル証券の二次取引が可能になります。

Oasis Proの技術はデジタル証券取引のためのデジタルキャッシュを容易にし、Cardanoブロックチェーンを使ってプロセスから銀行などの仲介者の必要性を排除して、取引手数料を半減します。統合されたプラットフォームは、発展途上国の政府に実行可能で安全な資金調達の代替手段を提供します。

近年の対外援助と投資の削減により、多くの政府が資本へのアクセスに苦労しています。OATSPRO技術とCardanoの暗号資産ADAのユーザーとの統合により(時価総額700億米ドル)、重要なインフラストラクチャーのプロジェクトに、海外からの新たな投資源が利用可能となります。

IO Globalアフリカ事業責任者であるJohn O'Connorは次のように述べています。「IO Globalの使命は、政府と市民双方のために、重要な金融および社会サービスへのアクセスを広げ、民主化するシステムを構築することです。これが、国中の学生と教師に証明可能な教育クレデンシャルを提供するという今年のエチオピア教育省とのパートナーシップの原動力となりました。これは、Oasisとの作業についても同様です」

「Oasisが開発しているようなシステムはグローバル投資で広がりつつある溝を埋め、開発途上国に競争の場を平準化し、重要なインフラストラクチャーに投資するためのツールを提供します」

OasisのCEO、Pat LaVecchia氏はこのように語ります。「発展途上国は他国が持つ海外資本へのアクセスが欠如していることがままあります。これを確実に変えたいと思っています。機会の民主化というIO Globalのビジョンは、開発途上国の金融市場へのアクセスを確保するという私たちの願望に非常に近いものです。このパートナーシップは、それを必要とする人々が国際資本市場へアクセスできるようにするための重要なステップを示しています」

Anthony Quinn

Anthony Quinn

Editor

Marketing & Communications