ブログ > 筆者 > Tim Harrison

ノードの強化からブロックリーダーシップまで…2月のCardanoリリース

2022年はエコシステムへの配信予測可能性を充実させるために、複数のコードリリースをグループ化。今回は2022年最初の主要な更新内容を紹介します

2022年 2月 28日 Tim Harrison 5 分で読めます

ノードの強化からブロックリーダーシップまで…2月のCardanoリリース

Alonzoアップデートによるスマートコントラクト機能のデプロイに続き、Cardanoは現在パフォーマンスの最適化とスケーラビリティに重点を置いています。多彩な分散型アプリケーション(DApp)や分散型取引所(DEX)の立ち上げが始まり、今後数か月にわたりさらに多くが予定されています。2022年はCardanoが、現実の人々のためのサステナブルな金融(リアルFi)を提供するプラットフォームへと、また、分散型ガバナンスのフレームワークにより将来の開発が規制される環境へと進化を始める年です。

今後数週間、数か月にわたり、新たなリリースを通じて、最適化、スケーリングが実施され、新機能が導入されます。これは、テクノロジースタックの新機能をより管理しやすい定期的なリリースにグループ化する、明確に定義された増分更新で実施されます。202…

2022年Cardanoをスケーリングする方法

スマートコントラクトのコア機能がデプロイされた今、Cardanoの次のステップはパフォーマンスの最適化とスケーリング。それがここから始まります…

2022年 1月 14日 Tim Harrison 7 分で読めます

Cardanoプロジェクトは常に、スケーラビリティ、セキュリティ、そして(重要な)分散化という、ブロックチェーンが抱える3つの課題に取り組んできました。コアプラットフォームの創造を担う組織として、私たちは常に、Cardanoの機能を提供し、長期的に可能性を実現していくために、ステージごとにはっきりと定義されたロードマップを辿ってきました。

まず査読済みの学術研究に深く根ざし、形式手法による開発とHaskellコードを活用しながら、将来に適した堅牢で安全なプラットフォームを提供しました。構築においてここで目指したのは正確性。このフェーズはByron(バイロン)と名付けられました。

この私たちの取り組みを中心に、素晴らしいコミュニティが成長し、現在3,00…

Cardanoの最適化

段階的調整によるネットワークの最適化

2021年 11月 10日 Tim Harrison 14 分で読めます

Cardanoの最適化

プルーフオブステークブロックチェーンとして、Cardanoは安全性とネットワーク障害耐性が高まるよう設計されています。Ouroboros(ウロボロス)コンセンサスアルゴリズム、形式手法を使用したHaskellのビルトイン、査読を受けた学術研究によって推進されるCardanoは、分散化された非常にスケーラブルな方法で何百万ものトランザクションをグローバルに処理する、堅牢な環境を提供するために設計されています。

以前のブログ記事

Cardanoがリアルタイムの市場データにChainlinkオラクルを統合

Cardano DeFiアプリケーション用スマートコントラクトを構築する開発者のサポートを強化する新たなコラボレーション

2021年 9月 25日 Tim Harrison 5 分で読めます

Cardanoがリアルタイムの市場データにChainlinkオラクルを統合

DeFiとリアルFiの中心には、オラクルとスマートコントラクトを用いた信頼性と透明性の高い金融製品を構築するブロックチェーンベースのP2P技術の使用があります。今日のCardanoサミットでは、開発者のCardano DeFiアプリケーション用スマートコントラクト構築を支援する、Chainlink Labsとのエキサイティングな新しい戦略的コラボレーションが発表されました。

現実世界のデータベースへのアクセスが、Cainlinkの分散型「オラクル」ネットワーク経由で提供されます。これは、改ざん不能の高品質な外部データをブロックチェーンに提供し、「スマートコントラクト」が選挙結果やスポーツの成績、暗号資産のレートといったデータセットに応じて実行できるようにします。非常に役に立つ可能性のあるもう1つの例は、気象データの提供です。Chainlink Labs…

目的地に着いた気分になる今日は、エキサイティングな新しい旅の始まり

Alonzoアップグレードは新エコシステムの幕開け

2021年 9月 12日 Tim Harrison 15 分で読めます

目的地に着いた気分になる今日は、エキサイティングな新しい旅の始まり

本日これから、HFC(ハードフォークコンビネーター)プロトコルアップグレードイベントにより、CardanoメインネットにPlutusスマートコントラクト機能が配信されます。

Alonzoアップグレードは、ブロックチェーンにPlutusスクリプトを統合することを通じて、Cardanoに待ち望まれた機能をもたらします。これで、Cardanoにスマートコントラクトが実装され、分散型アプリケーション(DApp)の新たなユースケースをホストすることが初めて可能となります。

これは始まりに過ぎません。それでも、今はお祝いの時です。コミュニティとして、私たちはともに驚くような旅を続けてきました。ここまで多くの人々によりなされてきた数えきれない努力を讃えるべき時でしょう。これはまた、私たちが一丸となって克服してきた課題を振り返るときでもあります。