ブログ > 筆者 > Colin L Edwards

'D'(= 0)デイまでもうすぐ

Cardanoブロック生成が完全な分散化に急接近中の今こそ、ネットワークの進化を振り返る

2021年 3月 4日 Colin L Edwards 10 分で読めます

'D'(= 0)デイまでもうすぐ

3月末、ジェネシスノードが処理するトランザクションの割合を管理する「d」パラメーターが0になるときが、Cardanoにとってもう一つのマイルストンが訪れます。この時点で、ブロック生成の責任が完全に分散化されます。言い換えれば、Cardanoネットワークの1800を超えるコミュニティプールが唯一、ブロックの生成に責任を負うことになります。

d=0デイは、Cardanoが続けている旅のランドマークになります。2020年7月にShelleyを配信した当初、dは1.0に設定されていました。これは、すべてのブロックが連合型ノードからなるIOHKのネットワークにより生成されていたことを意味します。もちろん、これは分散化とは真逆でしたが、ステークプールオペレーター(SPO)のネットワークが稼働を始めたばかりの時期のアプローチとして適切なものでした。

d=0デイの準備

d…

Colin L Edwards

Colin L Edwards

Quantitative Strategist

Commercial